ゴルフ上達

ゴルフボールと体の距離はどのくらいが適正なの?弾道に与える影響と正しい位置

投稿日:

ゴルフボールと体の距離はどのくらいが適正なの?

 

みなさんはアドレスするとき、ボールを置く位置はどのようにして決めていますか?

全ておへそのラインという方やクラブ別に変えている方など多岐に渡るでしょうが、いまいちショットがパッとしない方はボールの場所を工夫してみると良いかもしれません。

 

ひとえにボールを置く位置といっても考えるべきことは大きく分けて2つあります。アドレス時に上から見た場合の「上下・左右」です。

  • 上下をボールの距離
  • 左右をボールの位置

それぞれを上記のように表現した場合、距離による影響・位置による影響を考えなくてはなりません。

ボールの位置に関する情報はこちらをご参照ください。

ゴルフボールの正しい位置をマスター!ドライバー・アイアン・ウェッジで使い分けるテクニックを紹介

あなたは「ゴルフボールの位置」をどのようにして決めていますか?ドライバーはつま先の前・あとは全て真ん中、なんて方も多いみたいですね。でも、もしかしたらそれが原因でダフリやトプといったミスショットに繋がっているかもしれません。今回はクラブや状況別の「ボールの正しい位置」に関して解説をしていきます。

 

今回は「ボールを置く距離」について、弾道にどのような影響が出るのか詳しく解説をしていきます。

 

ボールを置く場所にはストライクゾーンがある

ゴルフボールを置く場所にはストライクゾーンがある

 

野球ではストライクゾーンがありますが、ゴルフでもプレーヤー毎に適正なボールを置く場所、つまりストライクゾーンが存在します。

野球に限らずテニスでも打ちやすい場所とそうでない場所があり、最適な場所は「しっかりとボールにエネルギーを伝えられる場所」です。

 

ところが100切り未体験の方の多くがゴルフボールを「ド真ん中のストライクゾーン」に置いていないのが現実です。

ゴルフコースはアドレスした足場に凹凸があり、風が吹きハザードがありメンタルが作用してド真ん中をわかりにくくさせているからですね。

せっかくボール位置は自分で自由に選べるんですから、もっとも安全確実なところでドカ~ンとホームランをかっ飛ばしましょう。

 

体から離れすぎてはダメ

せっかく野球の話題が出たので、ゴルフの打ち方で参考になる話をひとつ書いておきましょう。

ゴルフは野球の「インロー」のボールの打ち方が理想的です。インローとは内角(体に近い側)の低めのボールという意味です。

 

ゴルフは遠心力を使って打つイメージが強いからか、ゴルフを始めた方の多くが「ボールと体の距離が遠い」状態でショットしています。しかしこれではボールへ効率よくエネルギーを伝達できません。

いわゆる「棒打ち」になってしまうからですね。また、ボールとの距離が遠いと脇が空くことになり、せっかく蓄えたパワーが分散してしまいます。

 

 

とても参考になるのはタイガーウッズの9番アイアンです。

タイガーウッズの9番アイアン

アドレス時、ボールとの距離は、シューズの先端からシューズ1足分とちょっとです。足のサイズから見ても40~45cmしか離れていません。

 

スイング軌道で変わるボールとの距離

ボールの距離といっても、その方のスイングのクセとかクラブのライ角、それにスタンスの傾斜が複雑に絡み合うので一概にこうだといえません。

結局現場対応するしかないのですが、いくつか現実で役に立つ基本的なことは知っておいて損になりません。

たとえば初心者の方がドライバーのスライスでお悩み中の方ならヒントがあります。スライスというのは、物理的に強い右のサイドスピンが原因です。

俗に「擦(こす)り玉」といいますよね。

スライスする擦り玉の原理

 

つまりクラブのフェースで奥から手前方向に擦っているんです。こういったスイング軌道を「アウトサイドイン」といいますが、このスイングのまま打てばボールの距離とは関係なしにスライスは止まりません。

まずはインサイドイン、またはインサイドアウトのスイング軌道に修正しましょう。

あなたのショットはスライス?フック?スイング別に分かる弾道傾向と持ち球の決め方

スライス・フックが直らない方も自分のスイング傾向が分かれば修正・矯正することができます。
また、ボール弾道が曲がってしまうからといってスコア100切りをあきらめる必要もありません。

 

ボールとの距離はライ角で合わせる

ごく自然なボールとの距離はライ角に応じて合わせるのが良いでしょう。

ライ角とはクラブヘッドの底辺を地面と平行に置いた時にできるシャフトと地面との角度のことを言います。

ライ角とロフト角の違い

 

スコアラインが地面と水平になっていない状態でボールをヒットすると、弾道は次のようになります。

  • トゥ側が上がっている=フックボール
  • ヒール側が上がっている=スライスボール

最近はややアップライト(トゥ側が浮く)気味なクラブが多く販売されているのは、アマチュアプレーヤーの多くがスライスに悩んでいるからです。

ただし適正なライ角は身長や腕の長さなどにより変わってきます。ご自身に合ったライ角を選ぶことも重要です。

ライ角とロフト角の違い
あなたのアイアン、ライ角はフラット?アップライト?適正にすることで劇的にスコアが変わるライ角の秘密

シャンクやダフリが続くときは「ライ角」に着目してみるのもいいでしょう。もしかしたらあなたにそのアイアンのライ角が合っていないのかもしれません。
ライ角による影響やライ角の調整方法をまとめています。

 

近すぎると思うぐらいで良し

ボールとの距離を縮めていくと一種の不安がよぎってきます。

「これでボールを打てるのかな?」

でもそのぐらいがちょうど良いんです。

 

場合によってはグリップエンドがお腹に当たるギリギリくらいになっているかもしれませんが、そのまま振れば「体に巻き付くようにスイング」することができます。

最初のうちは少し窮屈に感じるかも知れませんが、体との距離が近づけば近づくほどボールへ大きなエネルギーが伝わります。

また、必然的にボールのミート率も上がるので、結果飛距離が伸びて方向性も安定してきます。

 

最適なボール距離をキープする方法

自分にとって最適なボール距離が理解できるようになったら、今度はそれを忘れないようにしましょう。

最適距離はクラブによって違いますから、それぞれのベストな距離をつま先から計測します。

ボールとの距離を計測しておく

 

計測した距離を各クラブに目立たない程度にテープなどの目印を貼っておくことで、スランプ時などに確認することができます。

 

後ろ足を下げて空間を作る

ボールとの距離があまりにも近いとどうしてもスイングしにくい、という方はバックスイングの空間を大きく取るという手段もあります。

方法は簡単で、後ろ足(右利きなら右足)をやや後方に引いてアドレスを取るだけです。

後ろ足を下げてバックスイングの空間を作る

 

こうすることでバックスイングを大きく取れるので、インパクトの時に窮屈でショットができなくなるといったことを防ぐことができます。

慣れてきたら少しずつ後ろ足をスクエアラインに近づけていくようにしましょう。

 

また、このアドレスは「スライス抑止」にもなりますので、右に飛んで行ってしまい困っている方も試してみてください。

 

アドレスとボールの適正な距離まとめ

 

ゴルフって「なんかすごく簡単だな」と思う時と、逆に「すごく難しい」と思う時があります。

そんなときのチェックポイントとしてまず挙げたいのが「ボールの位置と距離」です。

 

他にもスイング軌道やグリップなども疑うべきですが、冒頭でお伝えした通りまずは「ボールをストライクゾーンに置く」ことから始めましょう。

かなりの割合でミスショットが改善されます。

 

ゴルフ初心者100切りナビの歩き方










-ゴルフ上達

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2018 All Rights Reserved.