ゴルフクラブ選び パター

-初心者が絶対失敗しないパター選び-ヘッドタイプやシャフト・グリップの選び方でスコアが段違いに!

更新日:

失敗しないパターの選び方

 

「ヘ~イ、タクシー!」

 

長いパットがカップを過ぎても止まらないでコロコロと転がっていきます。
そんな時に「止まって~~!」といわないで、打った本人がそう叫びました。

こんな会話が行き交うとゴルフはさらに楽しくなります。

 

それにしてもパッティングは難しいものです。

20mもあるロングパットが、上級者だとまるで磁石に吸い寄せられるようにカップに吸い寄せられていきます。
そうかと思えば残り1mのパットで、ボールがカップのふちを舐めるようにクルンと返ってくる…

もちろん腕前も大いに関係しているでしょうが、やはりパターの選び方がうまいということもあるはずです。

 

ゴルフはベースに知識と経験、その延長線上に身についたテクニックがあって初めてスコアを作ります。
しかしもっと大前提があって、それが『ギア(クラブ)』ですね。

当然ですが自分に合っていないパターを使っても、ロングパットをピタッと1mに寄せる確率が自然に下がります。

ということで今回は「絶対失敗しないパターの選び方」をご紹介します。

どのパターがあなたに合っているのか、そんなことが分かる記事になっていますので、ぜひ今後のパター選びの参考にしてみて下さい。

 

パターがグングンうまくなる、絶対失敗しないパター選び

パターのタイプを知る

 

「パターがうまい人、イコールゴルフがうまい」といっても言い過ぎにはなりません。
それほどゴルフではパターの使用頻度が高くなります。

世界のトッププロは「ゴルフで一番難しいのは5フィート(1.5m)前後のパッティング」だといいます。

アマチュアでも1~1.5mの距離を50%入れないと「100」を切るのは困難です。

ショートパットが上達するコツについてはこちらをお読みください。

スリーパットをしないコツ
これで解決!3パットをしなくなるとっておきの練習方法6選

  ゴルフは言葉で表現すると極めて単純なスポーツです。 1ラウンドの打数合計あるのみ。   ナイスショットが何回あったか、ペナルティは何打あったのか、記憶にはあっても記録には残りません。   パッティ ...

続きを見る

 

先ほども触れましたが、パターがうまくなるためには「パターの選び方」が大きく関係しています。
パッティング上達の通り道は

  1. 自分のパッティングスタイルに合ったパターを選ぶ
  2. パターの性能に合わせた打ち方をする

どんなゴルファーでも、この二つのステップを踏んでいきます。

まずは選ぶための基準になるパターのヘッドタイプから確認していきましょう。

 

 

ピン・タイプは打ちやすいから選ばれる

 

最近は目を疑いたくなるような「奇抜!」なタイプがショップの店頭に並んでいます。
しかし、昔からの定番パターもあります。

クラシックの名品といえば必ず登場するのが「ピン・タイプ」です。

このタイプの特徴はネック部分がクランク・ネックといって鉤型なので、構えた時にしっくりきます。
別名クランクホーゼルともいわれるタイプですね。

ヒール(フェースの踵)とトゥ(フェースの先端)にバランスよく重量配分した最初の型です。
両端が重いのでスウィートスポットが広くなってミスを激減させました。

パターの中では操作性に優れ、ストロークしながらフェース面を意識しやすい種類です。
グリーンには細かいアンジュレーションや微妙に変化する芝目などありますが、状況に応じて打ち方を変えられる器用な方には最適なパターです。

 
 

L字タイプはタッチを重視する人向き

 

ヘッド部の形がアイアンのようにL字をしているのでこの呼称になっています。
シャフトの付け根がヒール付近に装着されているため、アプローチ感覚でスッとパッティングに入れるという特徴があります。

なのでこのタイプはアイアンショットが得意なタイプに好かれる傾向があります。

フェース面が開いたり閉じたりするので、そのフィーリングを使いこなせる技術と経験がある方にはピッタリです。

またタッチ(当たった時の打感とかグリップの微妙な感覚)を重視するタイプも悪くありません。
そのためローテーション(ヘッドの軽い円運動)に自信がないと難しいパターです。

方向性に自信はあるけど距離感が苦手だという方に向いているパターといえます。

 
 

マレット(かまぼこ型)は近年の人気パター

 

マレットといわれるいわゆるかまぼこ型や、最近雨後のタケノコのように出てきたネオマレットは、過去のパターより重心深度を深くした工夫がなされています。

重心深度とは、フェースからヘッド全体の重心までの距離のことです。

この距離が深くなるとフェースがボールに当たった時、半分から下の部分に当たっても転がりの良いボールになります。
重心深度を深くするために比較的ヘッドが大きいため返りにくい構造で、その上深度の深さが強い慣性モーメントを働かせています。

マレットはストロークに安心感を与えてくれるタイプです。
ヘッド面積が大きいので打ち出す方向を示すラインとか、ボールに似せたデザインを書く場所があることもその理由のひとつです。

距離感はいいのにいつも方向が悪くてカップを外れる方や、1m前後の短いパットを苦手にしている方にはうってつけです。
”ネオマレット・タイプ”もよく目にするようになりましたが、今までのかまぼこ型の改良版です。

 
 

T字タイプは初心者でも十分対応可能なタイプ

 

全体の形が「T字」をベースにデザインしたタイプです。
大型マレットタイプと同類にすることもあります。

過去に登場したオデッセイのボールが二つ並んだデザインのパターはその代表例です。

アドレスをとりやすいタイプで、大きめのヘッドは安心感と操作性を与えてくれます。
フェースバランスパターといわれ、初心者の方にもおススメです。

 
 

パターを選ぶ大事な基準4項目

パターの形状について

 

これまではパターのヘッドタイプについての解説をしてきました。
次に確認する項目は「パターの形状について」です。

形状とはつまり「ネック・シャフト・グリップ」の部分です。

形状に関しては「好き嫌いに直結」しますが、やはり違和感のあるパターでパッティングをしても良い結果につながらないことが多いので、気に入ったものを見つけたら迷わず自分のものにしておき、いろいろなタイプを使っているうちに生涯の伴侶に出会えるでしょう。

そういう意味では形状や重さ長さを超えたところに、人とのマッチングがあります。

 

1.ネックの形状は大事なこだわりポイント

ネックの形状は打った時の打感に直結しているだけに大きなポイントです。
主なものは以下の形状です。

 

鉤(かぎ)型

先ほど解説したピン・タイプがこの形状です。

 

グースネック

ガチョウの首に似た形でネックがグニャッと曲がっています。
グースネックは好き嫌いがハッキリしています。

 

スラントネック

ネック部分が(右打ちの場合)上から見て右にずれています。
アドレスして真上から見るとシャフトの延長線上付近にボールがあります。

タイガーウッズがこのネックの”スコッティ・キャメロン”を長年使っています。

 

ベントネック型

マレットタイプに多く見られる型で、シャフトは鉤型のような付け根の接合部がないすっきりタイプです。
ヘッドはそのままでシャフトをこのタイプに変えると、ネックの曲線次第で自分にピッタリ合ったり全くダメになったりします。

 

2.センターシャフトは最近人気上昇中

シャフトがヘッド部分の中央に曲線なしで刺さっているタイプです。

かつては難しそうだからという理由でアマチュアには敬遠され気味でした。
しかし最近メーカーの改良と有名プロ(谷原秀人やザック・ジョンソンなど)が使い次々に勝ったので一気に人気沸騰という感じです。

昔のことをご存知な方は青木功プロが使っていたキャッシュインを思い出すかもしれません。
アメリカのメジャートーナメントでは、青木プロのパットが良く入るので「オリエンタル・マジック」と地元の新聞に書かれました。

重心が中央に集まっている形を、やさしいとみるか難しいと感じるかだけでも選ぶときの基準になります。

 

3.パターの長さも構えて見てから選んだほうが良い

背の高さとパターの長さは決して比例しません。
選ぶときの基準からは除外しましょう。

パターの長さはパッティングのスタンスをとり構えた時の姿勢で決まります。

ほとんどのゴルフショップのパターコーナーには、試打できるスペースがあります。
実際に手にしてパターを構えてみましょう。

自分の目の直下にボール位置を持ってきてグリップし、腕をスッと出した時にフィーリングが良かったら問題ありません
長さ的には中尺や長尺パターなどを除くと、男性用は34インチ前後が多く、女性は33インチが一般的です。

 

4.グリップの太さには流行と好みがある

最近は材質や形状以外に「太さ」がクローズアップされてきました。

以前は太さなどにこだわるゴルファーは少なかったのですが、数年前からPGAツアーで活躍しているチェ・キョンジュ(K.J.チョイ)という韓国の選手が、それまでのイップスを脱出し急にパットが良くなったことから一気に注目されたのが極太グリップです。

使い慣れない人には大きな違和感があります。
太くて平らな面積が上部にあるのですが、そこに指を置いて重さをかけると距離感が合わなくなる傾向があります。
一般的にはグリップのロゴを指で隠さないようにソフトタッチで握るとうまくいきます。

 

パターの選び方のまとめ

 

ゴルフのクラブは全部で14本以内と決められていますが、実は『パターとそれ以外』という分類になります。

最終的にカップに入れるパターは、スコアメイクの”命”だといっていいでしょう。

ゴルフコースはパー72、実際の内訳はショットとパッティングは60%:40%だといわれます。
パター1本が40%、その他の13本が60%とは面白い数字です。

アマチュアゴルファーの壁は「100」と言われますから、上記に当てはめると1ラウンドで40パット、1ホール2パットと少しといったところでしょうか。

もしパット数が1ホール1.8ぐらいまでに減ればそれだけで7~8打変わるのですから、やはりパターはスコアメイクに直結します。

 

ぜひお好みのパターを見つけ、100切りを目指してくださいね。



ゴルフ初心者100切りナビの歩き方はこちら





・石川遼のレッスン番組
・極意のプロテク大公開!
・女性ゴルファーチャンネル

など全てのゴルファーが「いつでも」「どこでも」「無料で」ゴルフコンテンツを楽しむことのできるゴルフ専門動画配信サービスが開始!


・石川遼のレッスン番組
・極意のプロテク大公開!
・女性ゴルファーチャンネル

など全てのゴルファーが「いつでも」「どこでも」「無料で」ゴルフコンテンツを楽しむことのできるゴルフ専門動画配信サービスが開始!


スコアアップに役立つ便利アイテム

M-Tracer For Golf

EPSONが開発した高機能スイング測定器で、自分のスイングをスマホアプリで連携し、スイング改善をサポートしてくれる自分だけのパーソナルコーチです。

これひとつで「スイングスピード・Vゾーン・インパクト・スイングテンポ」など、理想のゴルフスイングを手に入れるための分析を行うことができます。

「もっとゴルフを上達したいけどレッスンを受けるのは少し抵抗がある…」という方にオススメです。

ショットナビ W1-FW

「せっかくナイスショットだったのにグリーンをオーバー…」なんて苦い経験、ありませんか?

ゴルフに大事なのは「飛距離よりも正確性」です。ショットナビをつかえば現在地点からグリーンまでの距離を正確に計測してくれるだけでなく、ハザードやグリーンエッジまでの距離も確認することができます。

腕時計タイプを選べば、かさばらずプレーにも集中できるのでおススメです。

キーパーソントレーナー

いま、ゴルフスイングは科学的アプローチにより誰もが理想的なスイングを学ぶことができるようになってきています。

しかし、長年かけて身につけた「我流スイング」はそう簡単には矯正できません。

キーパーソントレーナーは、「グリップ矯正・正しいフェースローテーション・スライス解消」にピッタリのゴルフに特化した練習器具です。

-ゴルフクラブ選び, パター
-, ,

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2017 All Rights Reserved.