スイング改善 飛距離アップ

アイアンの飛距離が出ない原因・理由と飛ばせるようになるための3つのポイント

投稿日:

 

アイアン(ウェッジ含む)はゴルフで1~2位を争うほど使用頻度の高いクラブです。

パターはスコアの40%近くを占めますが、ウッド系のクラブの使用回数が少ない方にとっては、場合によってはパターよりアイアンのほうが使う回数が多いこともあります。

 

それだけスコアに直結してくるアイアンですが、ゴルフを始めたての方にとっては非常に難しく感じるクラブでもあります。

中には「どの番手のアイアンを使っても飛距離は同じ」という初心者の方もいらっしゃいますし、ショットのイメージを掴むまでは扱い辛いようです。

 

また、アイアンといっても通常5~9番まであり、ウェッジもPW・AW・SWなど8本前後のセットが基本です。

特に多いのが番手を上げる(5番や6番など)と急に打てなくなり、飛距離も7~8番あたりと大して変わらない方です。

 

シャフトの長さやロフト角など多少の違いはあるものの基本的には同じ形状のアイアン。

なぜ上手に打つことができないのか、そしてしっかりとした飛距離を出すためにはどうすればいいのかを解説していきます。

 

アマチュアのアイアン番手別平均飛距離

最近はクラブの進化により、同じ番手のアイアンを使っても飛距離性能に大きな差が出ます。

キャロウェイEPIC STARアイアンが禁断の飛びでプラス40ヤード?その実力と試打感想レビュー

トッププロたちがこぞって「飛びすぎる!」と絶賛した、キャロウェイから新発売されたアイアン「EPIC STAR」
「禁断の飛び」のキャッチコピーは噂通りなのか?その性能と実際に試打してみた感想をまとめてみました。

続きを見る

 

ですから一概に「〇番アイアンは〇ヤード」といった指標が出し辛くなっていますが、概ね以下の飛距離を参考にしてみてください。

※7番アイアンの場合(数字はヤード)

性別 あまり飛ばない ふつう よく飛ぶ
男性 125 140 155
女性 70 90 120

 

番手別飛距離などのアンケートを実施(男女100名ずつ)した結果もあります。

ご自身のクラブ別飛距離と照らし合わせてみてください。

ゴルフアンケート_男性スコア
ゴルフ「みんなのデータ」男性ゴルファー100人に聞いてみた!平均スコアや飛距離、使っているクラブなど

男性ゴルファーの平均スコアやクラブセッティングってどうなっているんだろう?
そんな疑問を解決するために「女性アマチュアゴルファー100人」にアンケートを取ってみました。
他にも好きなブランドや飛ぶと思うドライバーなどのアンケート結果もあります。

続きを見る

ゴルフ「みんなのデータ」女性ゴルファー100人に聞いてみた!平均スコアや飛距離、使っているクラブなど

女性ゴルファーの平均スコアやクラブセッティングってどうなっているんだろう?
そんな疑問を解決するために「女性アマチュアゴルファー100人」にアンケートを取ってみました。
他にも好きなブランドや飛ぶと思うドライバーなどのアンケート結果もあります。

続きを見る

 

アマとプロの違いはアイアンショットで表れる

プロゴルファーのアイアンの飛距離が、アマチュアとあまりにも違う理由はいくつかあります。

もちろんヘッドスピードが速く、当て方がうまいので開いたり閉じたりのロスがないために初速が出ることもありますが、もっと端的にいえば同じ番手でもプロの使うアイアンはロフトがやや立っているということがいえます。

 

アイアンの場合、ロフト角は垂直に近くなるほど飛距離が出ますので、クラブだけを比べてみてもプロの方が飛ぶのは当たり前です。

しかもその立っている道具をインパクトの時にさらに立てて打つというテクニックを使います。

 

スイングアークの最下点をどこに持ってきているか

プロのアイアンショットのスイングを見ると、軌道の最下点がボールを打った直後、つまりボールより左(ターゲットに対し)になります。

 

ごく標準的なアマチュアはボールの直下か、もしくはボールより右になります。

そして、最下点が右に寄るほどザックリ・ダフリのミスに繋がります。

 

このようなミスを防ぐために、ターフを取らないショット、つまりトップがダフリ同様に発生してしまうのです。

 

アマはシャローに、プロはダウンブローに

あるクラブメーカーの調査結果があります。

ゴルファーのレベルとスイング軌道を分析したものです。

 

 

①「初心者レベル」

スイングの最下点がボールより2.5cm手前で入射角は水平に近い。

 

②「90台のゴルファー」

最下点がほぼボール位置で入射角は2~4度。

 

③「プロレベル」

最下点はボールより7~10cm先で入射角は3~8度。

 

こうしてみるとアマチュアはいかにシャロー(横払い)でスイングしているかということが分かります。

初心者の多くがボールの手前の地面に入るダフりか、すくい上げようとしてトップになる原因がわかりました。

 

これがレベルごとに番手の違いが明確ではない、そして飛距離も出ない大きな原因です。

 

アイアンの飛距離を伸ばす3つのポイント

それでは実際にアイアンの飛距離を伸ばすためのコツを3つ挙げていきます。

最後には具体的な練習例も解説します。

 

芯で捉える

アイアンに限らず全てのクラブに共通していることですが、芯を外せばボールの飛距離は落ちてしまいます。

ドライバーショットでよく使われる「ミート率」ですがアイアンも同じで、飛距離を伸ばすには「ボール初速を上げること」が一番重要です。

ミート率が0.1変われば飛距離が20ヤードアップ?飛距離と密接に関わるスマッシュファクターとは

現代ゴルフは科学的なアプローチによって様々な謎が解明されています。「ミート率」もそのひとつに入ります。
ざっくりと「芯に当てた確率?」とご理解されている方も多いかと思います。結論的にはそうなりますが、実際には計算によって求められるものです。
今回は「ミート率の良し悪しが打球にどのような影響を与えているのか」「どのようにすればミート率が改善されていくのか」を解説していきます。

続きを見る

 

ボール初速を上げるためには「ボールの反発係数を高める」ことが必要で、クラブは「フェースの芯」が一番反発するように設計されています。

アイアンはフェアウェイやラフなど地面から打つシチュエーションが多いですが、前述のようにシャローに打ってしまうとフェースの中心でボールを捉えることができず芯を外してしまいます。

 

ダウンブローに打つ

ダウンブロー

 

アイアンで芯を食ったショットをするには「ダウンブローが必須」です。

【アイアンショット】ダウンブローの打ち方を簡単にマスター!ポイントは「タメ・フェースターン・ハンドファースト」

あなたのアイアンは理想的な距離が出ていますか?
しっかりとしたダウンブローを習得することで飛距離が上がるだけでなく、5〜10ヤード刻みのコントロールショットも同時に覚えることができます。

続きを見る

 

イメージとしては

  • ボールの中心に向かってリーディングエッジが刺さり
  • ボールの左下からターフを取っていく

といった感じです。

この打ち方によってボールはフェースを駆け上って芯に当たり、また最適なバックスピン量で高く綺麗な弾道を描くことができます。

 

ボールの位置は少し右側に

飛距離の出ない方の多くは「ボールの位置を左側に置きがち」です。

ドライバーのような感覚だからでしょうか。

しかし、これは悪循環です。

 

ドライバーはややアッパブローでボールを捉える必要があるため、スイングアークの最下点よりも左側でヒットさせます。

しかしダウンブローが必須なアイアンでは「むしろボールは右側に置くべき」です。

 

まずはいつもよりボール1個分右にセットしてみてください。

そして、いわゆるハンドファーストでロフト角もやや立った状態でアドレスをし、ダウンスイングからインパクトを迎える瞬間は、左手の甲側をボールに向ける意識を持つとかなり良くなります。

 

ダウンブローでボールの芯を捉える練習

打ちっぱなし練習場ですぐに使える練習方法です。

ドライバーでショットするときと同じ高さでティーアップをしてアイアンショットをします。

このときボールを直接捉えるように意識をしてください。

 

 

ボールをダウンブローで正確に捉えることができないと飛距離は出ません。

  • シャローにスイング⇒トップする
  • ボールの右側が最下点⇒ゴムのティに当たる

ので、ミスショットかどうかが判別でき、ダウンブロー習得の良い練習になります。

 

アイアンの飛距離はアドバンテージ

これまで「アイアンショットの飛距離を伸ばすため」に行うことを解説してきましたが、アイアンで一番重要なのは正確性です。

200ヤードのショットも50ヤードのアプローチも同じ1打で、距離が短くなればなるほど正確性の重要度は増していきます。

 

しかしドライバーで飛ぶ人でスコアが悪い人は多いのに、アイアンが飛ぶ方でスコアの悪い方はあまり多くいません。

その理由は明確で「ダウンブローでしっかりとスイングできているから」です。

スイングの基礎ができているからこそ、アプローチなどの細かい精度を要求されるショットも上手ですし、飛距離が出るから飛ばない方に比べて少ない打数でグリーンに近づけることができます。

 

したがって「アイアンで重要なのは正確性だが、飛距離が出ない打ち方だと正確性も下がる」傾向にあります。

ぜひ正しいアイアンの打ち方を習得してスコアアップを目指してみてください。

 

 



ゴルフ初心者100切りナビの歩き方はこちら

スコアアップに役立つ便利アイテム

M-Tracer For Golf

EPSONが開発した高機能スイング測定器で、自分のスイングをスマホアプリで連携し、スイング改善をサポートしてくれる自分だけのパーソナルコーチです。

これひとつで「スイングスピード・Vゾーン・インパクト・スイングテンポ」など、理想のゴルフスイングを手に入れるための分析を行うことができます。

「もっとゴルフを上達したいけどレッスンを受けるのは少し抵抗がある…」という方にオススメです。

ショットナビ W1-FW

「せっかくナイスショットだったのにグリーンをオーバー…」なんて苦い経験、ありませんか?

ゴルフに大事なのは「飛距離よりも正確性」です。ショットナビをつかえば現在地点からグリーンまでの距離を正確に計測してくれるだけでなく、ハザードやグリーンエッジまでの距離も確認することができます。

腕時計タイプを選べば、かさばらずプレーにも集中できるのでおススメです。

キーパーソントレーナー

いま、ゴルフスイングは科学的アプローチにより誰もが理想的なスイングを学ぶことができるようになってきています。

しかし、長年かけて身につけた「我流スイング」はそう簡単には矯正できません。

キーパーソントレーナーは、「グリップ矯正・正しいフェースローテーション・スライス解消」にピッタリのゴルフに特化した練習器具です。

-スイング改善, 飛距離アップ

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2017 AllRights Reserved.