スイング改善

ゴルフ初心者のスイング矯正に役立つ練習器具3選/かかと体重・手打ち・ダフる人におすすめ!

投稿日:

 

ゴルフを始めたばかりだと自分のスイングの「何が悪いのか分からない」ので、どうしても上達に時間がかかります。

また初心者でなくとも長年蓄積したクセを取り除くことができずスコアアップの妨げとなっている方が多いようです。

 

そこで、今回は「スイング矯正」に焦点を当てたおススメの練習器具を紹介します。

 

 

悪いクセを直せる練習器具がいいね

一般のアマチュアの方は日ごろの暮らしの中で、ゴルフの練習に充てる時間が十分あるわけではなく、どうしても仕事の合間など少ない時間を生かそうと努力します。

それだけに単位時間の中では中身の濃い、充実した練習をしないと上達のペースが遅くなってしまいます。

 

ゴルフには3つの「クセ」があります。

  1. スイングのクセ
  2. クラブのクセ
  3. ボールのクセ

この3者が相まって弾道を決めています。

このポイントが分かっていないと、どうしても上達スピードが遅くなってしまい「回り道」をしてしまいます。とはいえ自分で自分を見るのは容易ではありませんし、そもそも「どこが悪いのか分からない」から初心者から脱却をすることができません。

 

しかし最近ではこういったニーズに応えるかのように、科学的に裏付けされた練習器具がたくさんあります。

今回はその中でも特に初心者の方にぜひ使ってほしい練習器具を3つ紹介します。

 

基本と正しいスイングを身につけるのが上達への近道

さきほど「3つのクセ」について解説をしました。クセは味方につければ強い味方になりますが、これはゴルフの理論を理解していてこその武器です。

まずはオーソドックスな打ち方から学ぶべきです。

 

クラブとボールのクセについては以下の記事を参考にしてみてください。

ライ角とロフト角の違い
あなたのアイアン、ライ角はフラット?アップライト?適正にすることで劇的にスコアが変わるライ角の秘密

シャンクやダフリが続くときは「ライ角」に着目してみるのもいいでしょう。もしかしたらあなたにそのアイアンのライ角が合っていないのかもしれません。
ライ角による影響やライ角の調整方法をまとめています。

ゴルフボールの正しい位置をマスター!ドライバー・アイアン・ウェッジで使い分けるテクニックを紹介

あなたは「ゴルフボールの位置」をどのようにして決めていますか?ドライバーはつま先の前・あとは全て真ん中、なんて方も多いみたいですね。でも、もしかしたらそれが原因でダフリやトプといったミスショットに繋がっているかもしれません。今回はクラブや状況別の「ボールの正しい位置」に関して解説をしていきます。

 

問題は良いにつけ悪いにつけ「スイングのクセ」ですね。悪いクセを修正するために必要なものは、基本の知識を学ぶことと自分では全く気付いていない”そこ”を発見することです。

練習器具はその点で威力を発揮します。

 

 

スイングベルト PB-001

 

最初にご紹介するのは『スイングベルト PB-001』という、簡便で格安でありながら非常に的確に悪いクセが取れるというスグレモノです。

もしあなたが下記のひとつにでも該当するなら、ぜひトライしていただきたい練習器具です。

体重がかかと重心で明治の大砲系の方。
すくい打ちがすでに常態化してしまった。
ダブルクロス系(スイングが8の字を描く)のスイングをしていらっしゃる方。
④腕中心のスイングで、アウトサイドインのカット打ちがクセになってしまった方。

 

ゴルフは習い初めに悪い打ち方にしてしまうと、あとからとても修正しにくいものです。たとえばトップで右脇が大きく空いてしまう、俗にいうエルボなどはあまり本人は気にしていません。

でもそういう打ち方は腕だけの切り返しになり、距離は出ない、安定して芯で打てないなどの付属品がワンセットでついてきます。

手っ取り早く直すには、そこを矯正できる器具をつけるのがベストです。

 

この『スイングベルト PB-001』はある意味「拘束ベルト」といっていいでしょう。これをつけると、もう余分な動きができません。

何度も素振りや、本打ちを繰り返すことで体は嫌でもきれいなフォームに変わっていきます。

 

あるプロが「あらかたのアマチュアゴルファーは、腕と体の動きが同調していない」といいました。それが手打ちの元で、距離が出ないと嘆いてもそこを完全に直さない限り希望は叶いません。

こちらの『スイングベルト PB-001』なら、右肘を上げたオーバースイング、トップでシャフトがクロスしたり、腕だけで切り返してしまうアウトサイド・イン軌道は比較的簡単に直せます。

1,000円前後で買える、非常に優秀な練習器具です。

 

ゴルフ テンポ アンド グリップ トレーナー

 

一概に言えませんが、ミスが出やすいときとは、スイングが早すぎたりいつものテンポではないタイミングで振った時に多く出るものです。

そのためには安定したリズムのスイングを身につける必要があります。

 

ゆっくり振ろうとしてもラウンド中はつい忘れてしまう方におススメなのは、こちらの『ゴルフ テンポ アンド グリップ トレーナー』を試してみてはいかがですか?

ウエイトがかかるのでゆっくりしか振ることができず、ひとつのスイング習慣が身につきます。

 

先端のウエイト部分が交換可能になっていて、730gと910gに調整可能という構造です。これはアイアンとウッドクラブを想定しているためで、それぞれのスイングテンポ、タイミングが身体で理解できます。

さらに、グリップ部分は自然に正しいグリップが掴めるよう彫り込みがあるので、特に初心者のスイングの向上は必至です。

室内でも振ることができるので、ゴルフ特有の筋肉を強化することが出来ます。

 

ツアーストライカー

 

『ツアーストライカー』ダフリの多い方を強制的に改善してくれる練習器具です。

簡単にダフリが解消できる練習法/ザックリしない打ち方と改善策とは?

ダフリ、ザックリが止まらない…そんな方へおすすめの練習方法を公開します。
ダフらなくなるとアイアンショットに自信が生まれ、特に100ヤード圏内のアプローチショットの精度が上がります。
スコアアップを目指している方はぜひ一度読んでみてください。

 

初心者の頃についたクセがこびりつき、なかなか剥がしきれないで悩んでいるという方はいらっしゃいませんか?

グリーン手前の絶好の花道から寄せれば簡単にパーとなるシーンで、ザックリを2回もやってしまうなどの悪夢はどなたも経験することです。

 

このガツ~~ンとくるショックの主な原因はしゃくり上げです。ボールを拾い上げようという気持ちが働き、グリップ位置がボールより後ろに下がってしまうんですね。

クラブにはロフトがありますから、ボールと芝生の隙間にアイアンのリーディングエッジを差し込むイメージが持てると、適正なインパクトポジションに適正な角度でクラブヘッドが入っていきます。

 

その呼吸を掴む条件は2つ、ダウンブローとハンドファーストです。

フェアウェイウッドの打ち方はダウンブローで!苦手から得意に変わる簡単メソッド

フェアウェイウッドは「箒(ほうき)で掃くように打つ」と習ったことはありませんか?実はその考え方がゴルフ初心者を悩ませているのです。
むしろアイアンに近いダウンブローでしっかりと球を捉えに行く方が、FWのミスはより少なくなります。

 

この感覚を学ぶには『ツアーストライカー』での練習がピッタリです。

ドーンとビックリするほどのバウンスがついていますから、これならボールを下から拾うことができません。

効果のほどは大きく、もう2度と下からすくわない打ち方をアタマに刻み込んでしまいます。

 

ボビー・ジョーンズではありませんが、「ゴルフで(ドライバー以外)下からボールを打ちに行くクラブはない」ことが嫌というほどわかります。

 

売れ筋の練習器具のまとめ

最近のゴルフ練習器具のなかの「良品」は、あまりにもたくさんあります。

ゴルフの究極の目的地は「再現性(反復性)」です。いつもと同じリズム、テンポでクラブを振れるかどうかという安定感の問題ですね。

できる限りそうしようと心に決めていても、ライが悪かったり風が強かったりしただけでメンタルがグラグラします。

たったそれだけでいつものスイングを忘れてしまうのがゴルフなんです。

 

今回ご紹介した3種類の練習器具は、どれもそれらすべてを想定しています。

不自然で不安定なボディーの使い方をしないよう、繰り返しの練習からレベルの高い再現性のあるスイングが習慣化されます。

ゴルフ初心者100切りナビの歩き方はこちら










-スイング改善

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2018 All Rights Reserved.