「 練習 」 一覧

ヘッドスピードが同じなのに女子プロと男子アマでは30ヤードも差が出る飛距離の真実

女子プロと男子アマの平均ヘッドスピードはほとんど一緒なのに飛距離は30ヤード近くも違います。その秘密はボールの初速です。
彼女たちはなぜアマチュアよりボールの初速が速いのか、そのうち方と誰でもで実践できる練習方法について解説していきます。

ミート率を上げて飛距離を20ヤードアップさせる3つの練習方法とは?

クラブも同じ身長も同じ、スイングもあまり変わらない、でも飛距離は圧倒的に負けてしまう…その原因は「ミート率」。
ミート率がたった0.05上がるだけで男性なら20ヤード程度飛距離が変わります。
ではミート率を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

スイング前のルーティンがナイスショットを再現させる/スイングリズムをキープするために行う4つの動作

ミスショットを少なくするには「いつも同じスイング」を再現できる能力が必要ですが、そのためにはしっかりとしたルーティンワークが欠かせません。
今回はおススメのルーティンとスイングの再現性を高める方法を解説していきます。

1m以内のショートパットを一発で入れるコツ/パターが苦手な方がやってしまう5つの事例とは?

ショートパットを確実に一発で入れるコツは「芯で捉える」「ヘッドアップしない」「ルーティンを作る」「考え過ぎない」「練習をする」に尽きます。
今回はその5つのポイントを1つずつ細かく解説していきます。

スコアを左右する「ゴルフ脳」、ゴルフのメンタルクリニック

練習場では打てるのに実戦では失敗ばかり。後半までは良かったに上がり3ホールで大叩きして結果はいつも通り。
そんな方はもしかしたら「ゴルフ脳」を鍛える必要があるかもしれません。
今回は考え方が変わるだけでゴルフの腕前がグッと上がるメンタルクリニックです。

フェアウェイウッドはホウキで掃くように打つという誤解/アイアンと同じようなダウンブローの打ち方でOK

フェアウェイウッドは「箒(ほうき)で掃くように打つ」と習ったことはありませんか?実はその考え方がゴルフ初心者を悩ませているのです。
むしろアイアンに近いダウンブローでしっかりと球を捉えに行く方が、FWのミスはより少なくなります。

はじめてのゴルフ打ちっぱなし練習場、持ち物や料金・注意すべきことのまとめ

「これからゴルフを始めようと思ってるけど練習場に行ったことがない」方へ向けて、打ちっぱなしのゴルフ練習場とはどういうところなのか、料金や持ち物・注意すべきことは何があるのかまとめてみました。

ダウンブローの打ち方を簡単にマスター!ポイントは「タメ・フェースターン・ハンドファースト」

あなたのアイアンは理想的な距離が出ていますか?
しっかりとしたダウンブローを習得することで飛距離が上がるだけでなく、5〜10ヤード刻みのコントロールショットも同時に覚えることができます。

フック

フックを直すための正しい知識とコツ/改善するための5つのチェックポイント

  『ゴルフは両手でやるゲームだが、むしろ頭でプレーするゲームでもある』 と語ったのは「ライ麦畑でつかまえて」などの著書があるジェローム・D・サリンジャーでした。   例外を除いて ...

スライスを克服する練習方法

スライスが簡単に直る練習方法/これでドライバー恐怖症を克服!

スライスは原因がわかれば簡単に直せるものです。
この記事ではスライス解消のとっておき練習法をご紹介します。スライスで「ドライバー恐怖症」に陥ってしまっている方は是非読んでみてください。

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2017 AllRights Reserved.