ゴルフクラブ選び パター

オデッセイパターの人気・おすすめクラブと選び方のコツ

更新日:

キャロウェイ傘下のパターメーカー「オデッセイ(ODYSSEY)」

パター業界ではシェアNo.1に君臨していて、コンペなどでも使用率が50%近いこともしばしばあるくらい。

 

そんなオデッセイのパターですが、現在ではかなり多くの種類が発売されていて「一体どれが良いんだろう?」と考え込んでしまうこともあります。

現在確認できているモデルは、

  1. オー・ワークス
  2. ミルド・コレクションTX
  3. ストローク・ラボ
  4. オデッセイ ワークスクルーザー
  5. ホワイト・ホットRX
  6. ホワイト・ホットRX レディース
  7. ホワイト・ホット プロ 2.0
  8. トゥアップ
  9. エグザクト タンク

の9種類ですが、どれも開発にはコンセプトがあり、また同一モデルでも形状の違うパターが発売されているので、「パターはオデッセイ!」と決めている方でも悩んでしまうくらい。
(製造終了モデルを含めるとかなりの数になります)

 

そこで今回は、オデッセイパターの中でも人気のモデルを紹介していきます。

また、その人のストロークによって合う形状も違いますので、選び方についてのコツも解説していきます。

 

オデッセイパターのモデル別コンセプト

冒頭でも紹介しましたが、オデッセイのパターはそれぞれ開発コンセプトがあります。

「どこを重きに置いているか」を参考に見てみると良いと思います。

 

■オー・ワークス

 

オー・ワークスの特徴は、爪状の突起が無数にフェースに取り付けられているところです(マイクロヒンジ・インサート)。

インパクトの瞬間にヒンジ部分がボールをつかまえ、理想的な順回転を与えます。

 

 

■ミルド・コレクションTX

 

このあと紹介するホワイト・ホットのインサートを使用した、非常に打感の良いパターです。

軟鉄削り出しなので一体感と安定感を兼ね備えるモデルです。

 

 

■ストローク・ラボ

 

パター全体の慣性モーメントを研究してつくられたモデルです。

名前に「ラボ(研究室)」という単語が付いているので、つい気になってしまいますね。

 

 

■オデッセイ ワークスクルーザー

 

左右の重さを微調整することができる可変式パター。

また、ヘッド部分だけでなくグリップエンドも3段階で調整が可能になっています。

 

 

■ホワイト・ホットRX

 

オデッセイ自ら「究極」と呼ぶくらいの自信作で、国内男子ツアーで過半数以上の使用率を誇っています。

ゴルフボールと同じウレタン素材を使用しているので、非常に柔らかな打感です。

 

 

■ホワイト・ホットRX レディース

 

ホワイト・ホットのレディースモデルです。

女性向けらしくピンクを基調としており、またシャフトの長さも男性用に比べやや短めです。

 

 

ホワイト・ホット プロ 2.0

ホワイト・ホットの新モデルです。

2ボールタイプはストローク時にボール残像が残るのと、他のオデッセイパターに比べ安価なので、非常に人気のタイプです。

 

 

トゥアップ

 

名前の通りパターのトゥ(先)が浮くように作られています。

ストローク時のシャフトねじれを最小限に防いでくれるので方向性の良いパターです。

 

 

 

エグザクト タンク

 

グリーン周りのアプローチ用に作られたパターです。いわゆる「チッパー」ってやつですね。

ロフトが37度ありますので、簡単にランニングアプローチを打つことができます。

 

 

パターの形状別選び方

パターは毎年、各メーカーから色んな形のモデルが発売されています。

非常に繊細なタッチが要求されますし、ゴルフスコアの40%を占めるパッティングですから、パターの形状・タイプは慎重に選びたいところです。

 

主なタイプは

  • ピンタイプ(オーソドックス)
  • L字タイプ(あまり出回っていない)
  • マレット(かまぼこ)タイプ
  • T字タイプ(センターシャフト)

の4つに分けられます。

特に最近人気なのはマレット(またはネオマレット)のタイプで、アドレスを取った時の安心感があります。

 

それぞれのタイプによって特徴が変わってきますが、簡単に説明すると

  • 操作性を重視⇒ピンタイプ
  • アイアンが得意⇒L字タイプ
  • 安定感重視⇒マレットタイプ
  • バランス型⇒T字タイプ

のような方に向いています。

失敗しないパターの選び方
【初心者が絶対失敗しないパター選び】ヘッドタイプやシャフト・グリップの選び方でスコアが段違いに!

  ゴルフを始めたときは一番簡単だと思っていた「パッティング」 でもコースに出たりして、少しずつ自分の思い通りに打てるようになってくると気付くパターの難しさ。 せっかく3打でグリーンオンしたのに残り5 ...

 

オデッセイの人気おすすめパター3選

それでは売れ筋のオデッセイパターを紹介していきます。

やはり最新モデルやツアープロ使用モデルなどが人気のようですね。

 

楽天市場内において評価が高い順(2017年10月)にご案内していきます。

 

★第1位 ホワイト・ホット プロ 2.0【ピンタイプ】

 

人気のホワイト・ホットと主流のピンタイプの組み合わせが一番人気です。

柔らかい打感と低めの打音は、一度経験してしまうと手放せなくなります。

ボールは中央からやや右足寄り(右利きの場合)に置いて打つ方にオススメです。

 

★第2位 オー・ワークス 2ボール【マレットタイプ】

 

2ボールのマレットタイプはインパクトに集中できるので打ちやすいです。

アライメントを意識しなくて良いのがいいですね。

またマイクロヒンジ・インサートによってボールがしっかりと捕まるので、パターの転がりがあまり良くない方にはオススメです。

 

★第3位 ホワイト・ホット プロ 2.0【マレットタイプ】

 

2位と同様に2ボールタイプのマレットパターが3位にランクインです。

ホワイト・ホットなので打感も抜群です。

 

オデッセイパターのまとめ

大人気のオデッセイパターにの種類とストローク別の選び方、そして人気のパターについて紹介しました。

 

追記)2018年1月よりオデッセイパターの新作登場です!

 

その名も「トゥーロン デザイン・インディアナポリス」です。

特徴的なのは何といってもその形状で、背面左右に広がる羽のようなものはインディカー(モータースポーツ)のノーズ・コーン型からヒントを得て設計をされているとのこと。

製品名の由来は世界3大レースの1つといわれるインディ500マイルが開催される「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」から取っています。

 

インディカーの安定感をパターに採用しつつ、ディープ・ダイヤモンドミル・フェースによる打感・安定したストロークを実現しています。

オデッセイファンなら一度を試打をしてみたいものです。

 

パターは「しっかりと狙った通りに打てること」と「しっかりとラインが読めること」が重要です。

グリーンの芝目・傾斜を読む方法についてはこちらで解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

パターが上達するグリーンのライン・芝目を読む8つのコツ

ゴルフスコアの40%を占めるパッティング。
パターは「イメージ通りに打てること」と「しっかりとラインが読めていること」の2つがしっかりとリンクした時に初めてカップインします。
今回は「どのようにしてグリーン上のライン・芝目を読めばいいのか」について解説していきます。

 

また最近では「全面スイートスポット」で話題の「キュアパター」もかなり人気が出ています。

かなり大型かつ重量感があり、通常のパターではしっくりこなかった方にはオススメです。

実際に使用してみたレビューはこちらを参考にしてみてください。

プロも使用しているキュアパターを試打してみた!評判通りの全面スイートスポット!ライ角・重さ・シャフト交換も可能

昨今騒がれている話題のキュアパターですが、「全面スイートスポット・3パット撲滅」など少し大げさなんではないか?と思うぐらいのキャッチコピーで少し懐疑的な方もいるのではないでしょうか。
今回は、そんなキュアパターを実際に試打してみた感想とスペックについての解説です。ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフ初心者100切りナビの歩き方










2018年売れ筋の人気パター


ホワイトホットプロ 2Ball パター

パター市場シェアNo.1のオデッセイが誇るロングセラーの2ボールパター。

2ボールモデルはストローク時にボールの残像が残るのでラインが出しやすく人気です。

その中でもフェース部分がボールと同じウレタン素材でつくられている「ホワイト・ホット プロ2.0」は柔らかい打感が正確なタッチを生んでくれます。

 

少し硬めのボールを使用することによりフェースへの吸いつきが良くなり、プッシュしてしまうミスを防止してくれます。

また他のオデッセイパターに比べて安価なのも魅力ですね。


全面スイートスポット【キュアパター】

アメリカ女子プロゴルファーのレクシー・トンプソンが使用して一躍話題となった「キュアパター」

ハンマーのような形状で気になっている方も多いのではないでしょうか。

ヘッドがコの字になっているため、ボールに向かって真っすぐストロークを行うことができます。

そしてキュアパター最大の特徴は「ずっしりとした重量感」です。

ピン型などの軽いパターは300g前後ですが、キュアパターは最大600gもの重量があります。

プロ選手でも500g以上のパターを使用する傾向にありますが、「小さいインパクトでしっかりと転がる」というメリットがあります。

また、シャフトとヘッド部分の角度であるライ角も調整が可能です。


スコッティキャメロン フューチュラ

タイガー・ウッや松山英樹などトッププロたちが使用するパタートップブランドのスコッティキャメロン

その中でも評価の高いフューチュラ(FUTURA)2017年モデルです。

フェースソール部には振動吸収システムが内蔵、インパクト時のブレを抑制してくれます。

フェース後方に重量を配置することで慣性モーメントを高めています。

 

また、素材は強度の高い6061アルミを削り出し、周りを精密ミルドステンレススチールで囲んでいます。

これによりソフトでありながら、インパクトすると響くような打感と打音を生み出します。

-ゴルフクラブ選び, パター

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2018 All Rights Reserved.