ゴルフ上達 ボールコントロール 飛距離アップ

飛距離の出るハイドローボールの打ち方とメリットとは?スライス矯正にも効果あり!

投稿日:

 

ゴルフスコア100切りというのはドライバーショットが200ヤード前後しか飛ばなくてもコースマネージメントさえできていれば可能でしたが、90切りを目指すのであれば最低でも230ヤード、できれば250ヤードは欲しいところです。

このくらいのプレーヤーになってくるとある程度のボールコントロールが出来るようになってきて、打ち方によって右や左に曲がるということをご理解されてきているのではないでしょうか?

また、フェード系よりもドロー系のボールのほうが力強く、かつランも出るので飛距離が出るということも感覚で分かってきているハズです。

 

今回はそんな「飛距離の出るドローボール」のさらなる上級テクニックである「ハイドローボール」についての解説記事です。

コンペのドラコンホールや距離の長いパー、そして追い風の時など「ここぞ!」というときに打てるようなれば頼もしい味方になります。

 

ドローボールが飛ぶ理由

ハイドローボールは高い弾道を伴ってやや右に打ち出され、頂点を迎えるころからやや緩やかに左へ曲がっていき着弾していきます。

「ハイドロー使い」で真っ先に浮かぶのは、韓国女子プロゴルファーのイ・ボミ選手でしょうか。

またプロは持ち球を変えたりするので一概には言えませんが、パトリック・リードやジェイソン・デイなどはハイドローを打つことで良く知られています。

 

ただどちらかというと女子プロが好んで使用する傾向にあり、スイングスピードが彼女たちと近いアマチュアゴルファーには向いている打ち方です。

 

一般的にフェード系よりもドロー系のほうが良く飛ぶと言われていますが、それは何故でしょうか?

両者ともバックスピン量に大差はなく、またサイドスピンも右と左の差はあるものの大きな違いは無いのであれば打球は鏡合わせなハズです。

 

その秘密はインパクトの違いです。

フェード系はフェースが開いたままの状態でインパクトを迎えるのに対し、ドロー系はフェースが閉じながらインパクトを迎えるという特徴があります。

この違いがいわゆる「ボールを摑まえる」動きの差として表れ、ボール初速に大きな影響を与えることが分かっています。

 

今回は高い弾道でフォロー(追い風)時などに最も飛距離の出るハイドローの記事ですが、一般的なドローボールは「フェースが閉じる=弾道が低い」ので、着弾時の落下角度が少なくランも期待できるボールです。

 

ハイドローとドローボールの違い

一般的なドローボールとハイドローの差はそのボール軌道の高さの違いになります。

ハイドローはパワーフェードとペアで考えて大丈夫です。

パワーフェードは右回転が弱いボールで、フェード特有の「方向性は良くなるが距離はドロー系より出ない」という欠点を補ったものです。

飛距離が出るパワーフェードの打ち方を公開!練習場で実践できる5つの方法

  ドローボールが打てるようになったら次に目指したいのがタイトルにもある「パワーフェード」 でもフェードボール自体の意味はわかっていても「パワーフェード」となると、なんとなくわかるんだけれど~という感 ...

続きを見る

 

一般的にドローボールというと真っすぐ飛び出したボールが、頂点付近で左に少し曲がるボールです。

ハイドローはもう少し高さが出てはじめからやや右に飛び出した後、頂点手前あたりで柔らかい左カーブを描きながらターゲット方向に真っすぐ落ちていきます。

ボールが飛翔していく時点では、単純にサイドスピンかバックスピンかということではなく、双方が織り交ざったライフルスピンになります。

 

 

ではハイドローの打ち方はどうすれば良いのでしょうか。

具体的に説明をしていきます。

 

ハイドローボールの打ち方

ドローボールを打てる方ならハイドローはとても簡単です。

ドローボールのメカニズム
ドローボールで飛距離アップ!初心者でも簡単に打てる6つのコツ

  打ち出しはプッシュアウトしてしまったように見えたのに、その後グングンとフェアウェイに戻ってきて、着地後も20~30ヤード転がっていくドローボール。 新米ゴルファーでもいつかは綺麗なドローボールを打 ...

続きを見る

 

ドローボールよりもややアッパーブローを強くするだけで打ち分けることができます。

以下の手順で試してみてください。

  • ボールの位置は通常よりも1~2cm左側
  • ややクローズドスタンス
  • いつもよりややインサイドアウト軌道
  • いつもより少し高いティアップ

ポイントは「フェースローテーションを少なくすること」と「インパクトゾーンを長くすること」です。

右わきを締めることでインパクト時の余計なフェースローテーションを抑えることができ、また腰の回転を抑えることで腕がスムーズに伸びてインパクトゾーンを長くできます。

 

「いつものインパクトより遅い位置」でボールを捉えるイメージを持つことで、自然なアッパーブローのスイングをすることができます。

 

スライス病矯正にも役立つハイドロー

「ハイドローはドローボールを打てれば簡単」とご説明しましたが、スライスに悩んでいる方への特効薬にもなります。

 

ゴルフを始めたばかりの方は「クラブのしなり」を意識せずにスイングするので、自ずとクラブヘッドが遅れてしまいスライス回転のボールとなってしまいます。

またスイング軌道は円運動ではなく逆三角形に近いアップライトなスイングになる傾向を多く見かけます。

これらのスイングを矯正するためには「真逆」のことをするのが一番です。

 

シャフトのしなりによる振り遅れを矯正するには、まずボールの位置を極端な左側、たとえば左足のつま先よりも10cmくらい左にセットしてみてください。

このとき、フェースの向きをボールのすぐ後ろに合わせようとすると自ずとクローズドスタンス(右足を後方に引くスタンス)になっているハズです。

 

またハイドローはインサイドからのスイング軌道が絶対条件ですが、「アップライト(タテ振り)」のスイングだとボールに当たる前に地面にヘッドがぶつかってしまうのでクリーンにボールをヒットさせるには「フラット(ヨコ振り)」なスイングが必要です。

自然と正しいスイングを身につけることができます。

 

飛距離の出るハイドローボールのまとめ

ドライバーショットは主に以下の種類に分けられます。

  1. スライス
  2. フェード
  3. パワーフェード
  4. ストレートボール
  5. ハイドロー
  6. ドローボール
  7. チーピン(ヒッカケ)

数字が小さいほど右回転が多く、大きくなるほど左回転が大きくなります。

両端はミスショットですが、その理由は主に「スイング軌道とインパクト時のフェース」にあります。

 

特にフェースの向きは直接打ち出し方向に関わってきますので、極端な言い方をすれば「フェースの向きが合っていればミスは出ない」とも捉えることができます。

フェースの向きを安定させるには「正しいグリップの握り方」を学ぶ必要があります。

グリップの握り方は18通りもある
正しいクラブの握り方を身につけて方向性が大幅アップ!自分に合ったグリップを知って「100」切りにチャレンジ!

  ゴルフにおいて一番大事なのは「方向性」、次いで「距離感」です。   ドライバーで180ヤードしか飛距離は出ない、または打ってもトップばかりしているゴルファーでも100切りを達成している方はたくさん ...

続きを見る

 



ゴルフ初心者100切りナビの歩き方はこちら



スコアアップに役立つ便利アイテム

M-Tracer For Golf

EPSONが開発した高機能スイング測定器で、自分のスイングをスマホアプリで連携し、スイング改善をサポートしてくれる自分だけのパーソナルコーチです。

これひとつで「スイングスピード・Vゾーン・インパクト・スイングテンポ」など、理想のゴルフスイングを手に入れるための分析を行うことができます。

「もっとゴルフを上達したいけどレッスンを受けるのは少し抵抗がある…」という方にオススメです。

ショットナビ W1-FW

「せっかくナイスショットだったのにグリーンをオーバー…」なんて苦い経験、ありませんか?

ゴルフに大事なのは「飛距離よりも正確性」です。ショットナビをつかえば現在地点からグリーンまでの距離を正確に計測してくれるだけでなく、ハザードやグリーンエッジまでの距離も確認することができます。

腕時計タイプを選べば、かさばらずプレーにも集中できるのでおススメです。

キーパーソントレーナー

いま、ゴルフスイングは科学的アプローチにより誰もが理想的なスイングを学ぶことができるようになってきています。

しかし、長年かけて身につけた「我流スイング」はそう簡単には矯正できません。

キーパーソントレーナーは、「グリップ矯正・正しいフェースローテーション・スライス解消」にピッタリのゴルフに特化した練習器具です。

-ゴルフ上達, ボールコントロール, 飛距離アップ

Copyright© ゴルフ初心者100切りナビ , 2017 AllRights Reserved.